通販法表記 ご注文方法 よくある質問 お問合せ プライバシー・ポリシー サイトマップ

直接地肌に接するベースネットの比較について

抗癌剤治療中や円形脱毛症でほとんど毛髪を失っておられる方は、ウィッグの裏のベースネットが直接地肌に接する事になります。

一般的にはネットを触ると少しがさがさした感じです。人によっては装着したときにチクチクするように感じる方もおられます。

ネットの目が粗いウィッグでは、風で髪が乱れたときなど地肌が透け、例えて言うなら網タイツを履いた時のような状態に見えてしまいます。

その点、医療用かつらフィットミーは、ネットの材質にこだわり、頭皮も透け難いように工夫してあります。
また、専用のインナーキャップは肌触りも優しく、ウィッグがずれるのを軽減できる工夫がされています。
取り付けが自由にでき、お手入れも簡単で清潔さも保てます。

頭皮透け方
医療用かつら
頭皮透け方
一般
医療用かつら かつら

このようなことが精神的負担を増やしてしまう要素にもなってしまいます。

医療用かつらはネットの目を密にし、肌触りや衛生面を考慮して素材に工夫しています。


医療用かつらベースネット拡大 一般ベースネット拡大
かつらのベースネット かつらのベースネット

ベースネット比較(左:一般、右:医療用かつら
医療用かつらとかつらの比較

前のページへもどる ページのトップへもどる